カラオケ前の準備として歌う時には喉周りのストレッチは行っておいた方が良いでしょう。それは発声器官には無数の筋肉があるからで、発声もスポーツも、似たようなものです。

スポーツ選手は、運動前に必ずウォーミングアップをします。歌い始める前にストレッチをすることで、関節の可動域が広がります。 また、筋肉が刺激されるので、が出しやすくなります

 
ストレッチ方法

歌う前に行う3つのストレッチ

①首周りのストレッチ
方法
1. 首をゆっくり回します。
2. 顔をあげて、首の筋肉をストレッチします。
3. 顔をあげた状態から少し斜めに傾けて、首の横らへんの筋を伸ばします。
4. 首の筋肉を、手でほぐします。
5. あごの下の筋肉をほぐします。

②喉の内側のストレッチ
方法
1. 舌を出して伸ばします。
2. あくびの真似をして、喉の奥を広げます。
3. その状態で舌を出します。

③肩、お腹のストレッチ
方法
1. 肩をゆっくり回します。この時、肩甲骨を大きく動かすようにします。
2. 片手を上にあげ、体を横に倒してストレッチします。お腹の横を伸ばします。
3. 両手を上にあげ、手を組んで、体を後に反らします。お腹を伸ばします。

この方法を実践して次の日に声がガラガラという事も少なくなると思います快適なカラオケライフを楽しみましょう!



ウォーミングアップはとても大切
ヴォーカリストは体が楽器です。100%体を使う作業という点ではスポーツに非常によく似ている部分があります。どんなスポーツでも、練習前にウォ一ミングアップをすることが、ケガを防ぎ、能力を高めるように、ヴォーカリストにとってもウォーミングアップをすることは非常に有効です。

練習は基本的に体にストレスを与えることなので、良く練習するスポーツ選手ほど体にアクシデントを起こす可能性も高くなってきます。

一般にプロのスポーツ選手というとなんだか凄く健康なイメージがありますが、オリンピック選手や野球選手が、けがとリハビリを何度も繰り返す様子は皆さんもよく御存じだと思います。

ヴォーカリストにも同じことが言えます。いくら正しい無理のない発声方法をしていても、練習量が増えれば喉や顎、肺などに障害を抱える可能性は高くなります。

シャウト・スタイルのロック歌手には常に喉が炎症気味の方が多いですし、クラシックのオペラ歌手もこまめに耳鼻咽喉科に喉をチェックしに行っているようです。

プロの正しい発声を身につけた歌手たちでさえそうなのですから、これから歌の練習を始めようとしている皆さんは喉のコンディションには相当気を使ってください。