カラオケで高得点を取るにはどうすればよいでしょう
カラオケでうまく歌う(うまく聞こえる)ことと採点機能で高得点を取ることは別物だと認識して下さい。

どんなに質が違っても音程があっていれば高得点が取れるので、高得点が取れる人=歌がうまく歌えているというわけではありません

最近テレビでよくやっているカラオケバトル、審査基準は機械の判定なのですが・・これでいいのか?と思うこともあります。

確かに正確なのですけど、それだけでいいのかと思います。音程に正確で、声をぶらさないで、ぴったりに歌う・・これができるのはすごいです。けれど歌の魅力ってそういうところじゃないのでは、と思います。

私はああいう機械で点数が出るカラオケで歌ったことはないので、歌ったとしてもたぶんいい点は出ないです。音程がかなりダメなので・・これは基本的なところがなってないということで、私の歌のほうが機械の判定よりまし、なんてことは冗談でも言いません・・・。

それはともかく、カラオケバトルを見ていて「この人のほうが心に残るけど、点ではちょっと落ちるだろうなぁ」と思うし、実際そういう採点がされます。

点を抜かれてがっかりしている人には「それだけが基準じゃないから」と言ってあげたくなります。
・・・とはいっても、ああいう技術も大事なんだろうなぁとも思いますけど・・・

コンピュータで検索すると、高得点を取るには、まず声を大きく出せばよい、というアドバイスが載っていました。そして、歌うときに、よく原曲を思い出してみてください。そのアーティストさんに、歌い方に違いがあると思いますが、案外、その特徴をわかってしまえば、カラオケの採点で高得点がとれたりします。

アーティストさんによって、声がひかえめだったり、高い声また低い声、あとは、ビブラートや、ハモりなど、いろいろな特徴があると思いますが、それらをよく聞き取ることができれば、もうこっちのものです。

確かにむかしは、力ラオケの機械で歌うと、大きな声を出すだけで高得点を取れましたが、最近のカラオケの採点はきびしくなり、それだけでは高い点がもらえません。私は良い点を取るためには、CD等で何度も聴いた曲を、聴いたとおりに声をはり上げて歌ったらよいと思って歌っています。

それから、カラオケの得点システムは、機械を更新していきますので、得点の出方が変わってくるのです。

むかしは高得点を取れた曲でも、機種変更をするとあまり良い点数が取れなくなることがよくあります。そんなときはどうすれば、高得点がもらえるでしようか。

採点機能を利用せず、カラオケでうまく歌う方法はまずテンポのゆっくりとした曲をチョイスすることです。早口の歌はできるだけ避けましょう。

また、マイクの音量を大きめに設定し、エコーを多めにかけましょう。大音量&エコーで多少の音階ずれもごまかすことができます。

カラオケの採点機能で高得点を取る方法は、できるだけテンポの遅い曲で画面に表示される音階に合わせた声を出すことです。

音を長く伸ばす指示が出ているところはできるだけ画面の表示に合わせましょう。
声質は気にしなくていいので、淡々と歌うだけで高得点が取れたりします。
カラオケが苦手な方はぜひお試しください!

その他の採点でいい点数を取る方法について
カラオケでは、バックサウンドとガイドメロディが流れており、ガイドメロディの音程に音を合わせないと、音程での評価が得られない。このガイドメロディは、歌手のオリジナルの音源とは微妙に音のラインが違っているので、完璧にオリジナルの音程を再現できても音程が100%になるとは限らない。テレビ番組などで、歌手が自分の歌を歌って異様に点数が低かったりするのはそのためである。

さらに厄介なのは、現在のカラオケの採点は評価対象が音程だけではないということである。

例えば、第一興商の人気機種である、DAMの精密採点とういう採点では、音程のほかに、安定性、表現力、リズム、ロングトーンビブラートが評価されている。

リズムは音程同様、ガイドメロディの出だし、歌い終わりを揃えること、ビブラートは、声に一定の揺れをだすこと、(機械が認識して、表示が出て、最後には声の揺れのリズムと、合計時間が表示されるので分かりやすい。)などの条件を満たしていくと、加点される。

安定性、表現力は、定かではないが、声が上ずったり、フラットしたりしていないかが安定性で評価され、表現力では、しゃっくり、フォールといったテクニックを駆使しているかが評価されていると思う。

しゃっくりは、福山雅治がイメージしやすいが、語頭が上がり、逆にフォールは語尾が下がる。
以上のことに気をつけて歌うと、今までよりも点数が上がるのは間違いない。