ヴァイオリンに関する意外な⑩の知識
意外過ぎる10の知識①ヴァイオリンはオーケストラでもっとも人数の多い楽器である。
②ヴァイオリンは通常少なくとも70の異なるパーツから作られている。
③ヴァイオリンの弓は、本物もしくは合成繊維の馬の毛から作られている。
④ヴァイオリンを適切に保管するための相対湿度は45~ 55度である。
⑤ヴァイオリンの指板は伝統的に黒檀でできている。
⑥大部分のヴァイオリンは樹齢8から10年の木で作られている。
⑦ヴァイオリンの魂柱を指すイタリアの言葉、“アミーナ(amina)''は“魂"を意味している。
⑧ヴァイオリンの樟の渦巻きには特別な目的はない。
⑨ルネサンス期のイタリアのヴアイオリン製作の見習いは、考案したニスの秘密を外に漏らさないように誓約をしなければならなかった。
⑩オークションでストラデイヴアリウスに付けられた世界記録価格は£650,000(1億3千万円)である。


ピアノに関する意外な⑩の知識

①ピアノは、1709年、イタリアでバリトロメオ・クリストフォリによって開発された。
②興味深いことに初期のデザインのものには、キリン型ピアノがあって、翼の形をしたボデイが天丼に向かって伸びていた。また6つのキーボードがついてピアノもあった。
③初期のフォルテピアノには、“ペダル"を膝で操作するものがあった。
④アメリカで作られた最初のビアノは、1774年、フイラデルフイアのジョン・ブレントによって作られた。
⑤ピアノの一番低い音は27500HZである。
⑥一番高い音はC音で、4186Ю09HZでる。
⑦ピアノのための理想的な湿度は40~ 50%である。
⑧平均的なピアノは88個のキーがある。その中の36個は黒鍵で、一般的に“#"や“♭"で使用される。
⑨ピアノは全“半音階"を演奏することはできない。
⑩平均的なピアノはだいたい230の弦があるが、その弦を叩くことによって音を出すため、シンフォニー・オーケストラではパーカッション楽器としてとらえられている