らくに声を出せる姿勢を見つけよう
立って歌う?座って歌う?カラオケで、立って歌う人がいますね。理由を聞くと、立たないといい声が出ないからといいます。

立った姿勢が一番いい声が出る姿勢であることは事実です。まっすぐに立って、上半身とくにおなか、肩、首をリラックスさせ、うつむきや仰向きにならず、まっすぐ前に声を出すようにします。

うまくリラックスできれば、この姿勢で一番いい声が出ます。ただし、うまくリラックスできれば、です。リラックスするというのは結構、むずかしいことなんです。

プロの歌手でも、自分がもっともらくに声を出せるのはどういう姿勢かそれを見つけるために苦労しています。

歌やボイストレーニングの教室では…
つま先を60度に開きなさい
15センチほどかかとの間隔をあけなさい
背すじをまっすぐに
肩の力をぬきなさい
腕の力をぬきなさい
首はまっすぐ立てて
胸を張って
お尻の筋肉を引き締めなさい
あごを引きなさい、あごを突き出さない
うなじをのばしなさい
体重はやや前に、足の親指にかかるようにしなさい
視線を定めなさい(正面やや上を見なさい)
……などと指導します。

これらは大事なことです。ネコ背ではいい声は出ない。どこかに力がはいっていてもいい声は出ない。キョロキョロ視線を動かさないほうが声が安定する……それはたしかです。

しかしこれだけ注文をつけられて、さあ歌ってごらんといわれて、はたしてスンナリ声が出せますか。

とてもリラックスどころじゃない。背すじを「まっすぐ」にしようとするあまり、背中が板のようにこわばってしまう。肩の力をぬこうとして、逆に力がはいってしまう……。

結局で、全身ガチガチ。「リラックス、リラックス」と自分にいい続けてかえって硬くなるということもある。からだが硬くなるということは、筋肉が緊張するということです。

声帯をはじめ声を出すのも筋肉ですから、どこかの筋肉が緊張すると、それに引っ張られるかたちで発声のための筋肉も緊張するということになります。

考えてみると、立っているということは、からだのどこかの筋肉はかならず緊張しているということなんですね。仰向けにゴロンと寝転ぶ以外、ほんとうに全身をリラックスさせるということはできない。

じゃあ、寝転んで声を出してみることからはじめましょうか。
仰向けに寝て、枕をしないで声を出してみると、高い声や低い声が、立ったりすわったりしているときより、はるかにらくに出せるのがわかります。

その感覚がリラックスするらくに声が出るらくに声を出す方法をまずつかんでください。そしてこの感覚を立っているときも思い出してください。立ったとき忘れてしまっていたら、もう一度寝転んで声を出してみます。

また立ってやる。何回かくりかえしているうちに、だんだんリラックスして声を出すということがわかってきます。

「努力」するのではなく、自分を「型」にはめようとするのではなく、「型」から脱出すると自由になります。ちょっと支えてこれはからだの感覚なのです。

この感覚がわかってくると、からだのどこかが緊張していても、声を出す筋肉はリラックスさせておくことができるようになります。あごを引きすぎない、出しすぎないというのは大事なことですが、リラックスできれば自然にそうなります。

また、視線を定める(どこか一点を見るようにする)というのは、意識的にやっても、そう全身をこわばらせることはないでしょう。

ボイストレーニングをしていると、ひざがガクガクするほど足が疲れるとか、足の筋肉がつっぱってしまうという人がいます。

これは声を出したから疲れるのではなくて、足によぶんの力がはいっているためです。前にもいいましたが、声を出すということじたいは、それほどのエネルギーを消耗する運動ではありません。ただ、正しい姿勢を保とうなどとすると、すごいエネルギーを使うことになります。

カラオケの場合、立っても座っても声にそんなに変化はありません。というより、カラオケは立って歌うより腰かけて歌ったほうが、おおむねいい結果がでます。

理由は、腰かけた姿勢のほうが、上半身が安定しやすく、上半身が安定すると呼吸が安定するからです。

歌うときは、呼吸をおなかで支えます。「息がもれないようにするトレーニング」は、この感覚を身につけるためのものでした。

ところがこれは、立ってやるとけっこうむずかしい。息を止めると反射的におなかが引っ込む。おなかが引っ込むというのは、息を止めにくい状態です。また上体が安定しないから、足を突っ張って安定させようとする。

足の筋肉に力が入るので足が疲れ、上体はますます安定しにくくなる。息がもれないようにするトレーニングを腰かけてやったのはそういう理由からです。

腰かけて、しかも前傾姿勢にすると深呼吸したくてもできません。これを「イストレ」とよんでいます。イストレで上半身と呼吸を安定させるコツがつかめてから、立ってするトレーニングにすすむと、はじめて立った姿勢でらくに声が出せるようになります。

立って歌わないといい声が出ないというのはひとつの思い込みで、立つのは一種の身構えです。立ってリラックスするのではなく、立つことで自分に気合を入れたり、勢いをつけている。

どっかの筋肉にムリに力を入れて、声を出すにはむしろ不利な状況をつくり出しているんですね。案の定、そういう人が歌うばんになると、あごを突き出し、思いきり息を吸いこんでいる。

正しい姿勢をとればいい声が出せるのではない。いい声が出せる姿勢が、発声のうえでは「正しい姿勢」なのです。姿勢のことも忘れてください。

らくにしゃべったり歌ったりすることを心がけましょう。らくに声を出せる姿勢が、 つまり「正しい姿勢」なのだということを忘れないようにしましよう。



らくに声を出せる姿勢を見つけよう
「リラックス」が、いい声への一番の近道
リラックスというのは「くつろがせる、らくにさせる」ということですね。それはよけいな筋肉に力をいれない、自分にプレッシャーをかけないということです。

筋肉や頭を使うとき、もっとも大事なことは″リラックス″です。学校の体育の時間などで、先生はよく「リラックスしなさい、肩の力をぬきなさい」といいます。自分ではリラックスして肩の力をぬいたつもりなのに、「まだ力がはいってる」といわれ、「いったい、どうすりゃいいんだ」と思ったことはないですか?

体育の授業だけでなく、「リラックスしなさい」という言葉はいろんな場面でいわれます。そういわれてすぐに、 いわれたとおりリラックスできるなら、これはいいアドバイスです。しかし、どうやったらリラックスできるのか、わからないということのほうが多いのではありませんか。どうすればリラックスできるのでしょう?

人間が完全にリラックスできるのは、全身の力をぬいてあお向けに寝る姿勢です。
この姿勢では、四肢の筋肉だけでなく、心臓や血管や内臓も″リラックス″しています。
からだがリラックスすると、頭もリラックスして眠くなります。

余談ですが、病気のときお医者さんが「安静にしてなさい」というのは、「静かにしてなにもしないようにしていなさい」という意味ではありません。「横になっていなさい。そうすることで心臓をはじめ内臓に負担をかけないようにしなさい」ということなのです。

しかし「リラックスしなさい」といわれて、 いちいち横になってもいられませんね。
立ったりすわったりしている姿勢では、らくにしているようでも、かならずどこかの筋肉ははたらいています。

これはまあ、当然のことなんですが、中には立ったりすわったりするのには必要でない筋肉にまで力をいれる人がいます。緊張する場面ほどそうなります。

そういうとき声を出すと、すっとんきょうな声になったり、カスレたり、細い声になったり、逆に必要以上の大声になったりしがちです。

これは、声を出すのに使う筋肉(声帯だけではありません)まで緊張しているからです。緊張するというのは、だれでも意識してそうなるというのではなく、たいてい自然に緊張してしまうものですね。そして、その緊張した状態は、自分で「リラックスしよう」と考えても、なかなか思いどおりにいかないことが多いものです。

精神的緊張、肉体的緊張― 毎日の生活は、どんなにマイペースの人でも、多少とも緊張をともないます。

精神は緊張しているが肉体はリラックスしているというならいいのですが、いっしょに肉体的緊張をひきおこします。心臓がドキドキしたり、手がふるえたり、そして声がおかしくなったり。

声帯は、精神的なストレスの影響を一番うけやすい器官です。
いつもウラ声でしゃべっている人というのは、精神的ストレスのつよい人です。精神的緊張が声帯を緊張させ、つよいストレスを声帯に加えます。そのため声帯はつよく張り、高い声になります。その状態がずっと続いて、本人には意識されなくなっているのです。

舌も精神的ストレスの影響をつよくうけます。いわゆる「舌がこわばる」というということが起こります。舌の筋肉が緊張して、うまく動かなくなります。あるいは舌がちぢんでふとくなり、のどのアーチをふさいでしまいます。

そうなると、声はよく響かず、ゆたかなハリのある声は出ません。これも声帯の緊張とおなじで、その状態が、その人にとってあたりまえの状態になってしまっていることがあります。

精神的ストレスのつよい人は、声帯や舌の動きがよくないので、舌やくちびるやあごを大きく使ってしゃべることをしません。ほんの日先だけを使う、いってみればとても経済的なしゃべり方をします。そのために言葉が不明瞭になりがちで、自信のない感じを与えます。
逆に、自信がないと、そういうしゃべり方になります。

ボイストレーニングとは、自分の「ほんとうの声」を出すトレーニングです。
それはどういうことかというと、「ほんとうの声」を出すことを妨害しているものをとり除くことです。

さらにいいかえると、声を出す筋肉にくわえられている緊張(ストレス)をとり除くことです。
ボイストレーニングでもっともたいせつなことは、″リラックス″であるということが、おわかりいただけたと思います。また、「リラックスしなさい」と口でいうのはかんたんなことだけれど、そんなにかんたんにできることではないことも、おわかりいただけたでしょう。



声は上半身のほとんどでつくられる
私たちの日から出る「声」それは、声帯から出たものをそのまま聞いているのではありません。

声帯から出るのは、声というより、その原材料としての「音」というのが正しいでしょう(声帯から出る音は、「声」とはいわず、「声帯原音」といいます)。
声帯から出た原材料である「音」は、じつにいろいろな加工をされてはじめて「声」になるのです。

たとえば私たちはふつう、声を「ことば」として出します(悲鳴や、メロディーハミングはべつです)。「ことば」はいろいろな音(母音と子音)が組み合わさってできています。この母音や子音はどこでつくられるのでしょうか声帯を使わなくても会話をすることはできます。

「ささやさ」ですね。「ささやさ」は、吐く息を加工することで成り立っています。耳もとでささやけば、すべての言葉を、完全に正確に伝えることができます。けれど、ささやきではハミングはできません。

このことから、「ことば」をつくっているのは声帯とは別の部分らしいとわかります。そう、声帯は「ことば」を発声することはできません。

声帯が出すのは、ただの「音」。ただ「音」の高低は、声帯でつくられます。その音を、べつのところで加工して「ことば」にしている。声帯は、 いわば「声」のもとをつくっているにすぎないのです。

その加工工場はどこにあるのかというと、のど(喉頭・咽頭)、口(舌、歯、口の中の空間)、鼻はいうにおよばず、あご、ほっぺた、頭蓋骨の大部分、気管、肺、おなか
…… つまり上半身のほとんどです。

声帯から出た「音」は、これらの部分に広がって、反響したり共鳴したりして複雑な響きをつくり出します。のどや鼻やほおや額の骨にはたくさんスキ間がありますが、そのスキ間の形や大きさによってもさまざまに複雑に変化します。声は、口からだけ出るのではなく、こうしたさまざまな部分からも出ているのです。
犯罪捜査で、犯人からかかってきた電話の声を分析して、その声紋から犯人を割り出すというのがありますね。

この声紋も、指紋と同様、一人としておなじ人はいないといわれます。「声」をつくる器官がこれだけ広い範囲にまたがっているわけですから、それも当然という気がします。

「声」を調べ、こういう声の特徴があらわれるためには、こういう骨格・筋肉でなくてはならないとさかのぼって、ある程度その人の顔立ちが推測できるそうです。

有名人のしゃべり方や歌い方をソックリにまねる「声帯模写」という芸がありますが、声だけでなく、身振りや表情、息づかいまで似せています。ああしないと似た声にならないそうです。

身振り、表情、息づかいを似せるということは、おなじようなからだ(筋肉)の使い方をするということです。

それはつまり、のどや舌の使い方、日の中の空間、呼吸のしかた……声を出すことにかかわっている部分をおなじにするということ。逆にいうと、からだのそうした部分をまねすると、似た声になるということです。