健康を維持するためには、根本的に声帯は湿度を保ち、濡れていなければなりません。これが基本概念です。

声帯は超高速で振動している臓器であるために、濡れていないと摩擦を起こしてしまうのです。適度に湿度を保つには「鼻呼吸」が理想的です。口呼吸では、乾いた空気がそのまま声帯を通過してしまうので、気をつけるととも部屋の湿度管理やタバコの煙にも注意が必要です。



カラオケポリープ

近年のカラオケブームによって、声帯のポリープが多くみられるようなになってきました。その名もカラオケポリープです。

なぜポリープができるのか原因としては
〈原因1〉連続して歌い過ぎる
〈原因2〉環境の悪さ
〈原因3〉へたの横好き
以上のことが重なるとカラオケポリープの発病が高くなります。

回避方法
原因1
一度歌いだしたら止まらないという方には要注意です。とくにヒトカラもはやっているので、ついつい調子に乗って歌い過ぎてしまうので、適度なインターバルをとることを忘れないようにしましょう。

原因2
カラオケボックスに見られる、タバコの煙が充満したような換気の悪い密室です。さらにクーラーや暖房で室内の湿度が低くなると、最悪の環境になります。

原因3
自分のお気に入りの歌手を真似してうたいたがる人がよくなります。モノマネとまではいかなくても、誰かのような真似をするレベルでも注意が必要です。

発声には声帯の筋肉運動が伴うので、体操でいえばいきなりオリンピック選手の技を経験ゼロの素人がするようなものです。そんなことをすれば怪我をする可能性が高くなります。このようなことがカラオケポリープの原因となっているのです。




その他注意すべき点
タバコ
身体にとって悪影響であるのは誰でも知っていることでしょう。ニコチンの影響であるとか、がんを誘発するタールの問題などケミカルな影響がありますが、タバコの煙は100%乾燥しています。

つまり湿度は0%です。喫煙は声や喉にとって過酷な環境を強いることになるのは間違いありません。くれぐれも気をつけましょう!

アルコール
ではアルコールはどうでしょうか?声にとってはタバコと比較しても、決して悪い関係ではありません。むしろ少量のアルコールであればよいくらいなのです。

アルコールによって身体の分泌機能が活発化するので、喉頭に粘液が多量に分泌されオイルが増えるわけです。
ただ摂取量が増えると声帯が内出血を起こしやすく、ポリープも発生しやすくなります。ほどほどが一番です。