ガイドボーカルガイドボーカル(お手本ボーカル)は元々のアーティストさんのを加工したものではなく全く別の人です。

そう思っても不思議じゃないくらい上手ですよね。

カラオケメーカーと契約して専属で唄っている方もいればオーディションに応募してる人もいますね。
DAMガイドボーカルオーディションなんかは有名です。

どの会社でも最新機種の方が古い機種より多いです。
ガイドボーカルは、生の人間の声を録音しているので、大容量通信が必要です。

もちろん、元の歌手と似た歌い方のできるガイドボーカル用の歌手も揃えないといけないのでMIDIデータの伴奏だけ配信するより、お金もたくさんかかります

今のカラオケは、各社とも10万曲程度は配信しているので全ての歌にガイドボーカルを入れるのは無理です。
需要の多い、とくに人気の高い曲だけ、ガイドボーカルをつけているのです。

全ての曲がガイドボーカル対応ではありません。
と言うか、むしろガイドボーカル対応の曲の方が遥かに少ないです。

要は、その曲を歌う人が居ない場合、ガイドボーカルは無いのです。
洋楽なんて、全くと言っていいほど、ガイドボーカルありません。

ガイドボーカルリモコン操作
ジョイサウンドの場合
リモコンで曲名検索して、曲名のあとに(ガイドボーカル)と書いてある曲を送信すればOKです。

DAMの場合
曲名をタッチして、ガイドと書いてある曲を送信して、その曲が流れたらリモコンのガイドボーカルと書いてあるボタンを押します。
こちらの場合は何度かガイドボーカルを押すことによってガイドボーカルの声の大きさを変更できます。
ライブDAMのリモコンの場合は曲を送信する前に、オプション設定でONにしてから送信だったと思いました。